株式会社那智黒総本舗
店長のおすすめ商品
鮪せんべい
「勝浦まぐろ」「紀州南高梅」「那智黒黒糖」が合わさったおせんべいです
人気ランキング
第一位
第二位
第三位
コクのある黒糖の甘みがクセになる「特製黒糖かりんと」は南紀限定!
1万円以上のご購入で代引手数料、送料が無料。一部地域除く。
5250円以上のご購入で代引手数料無料
那智黒製品の販売店一覧
商品カタログ申込み
思い出のCM
那智四十八滝を紹介しています。
今月の滝は?

メール返信定休日

◆2017年6月◆
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             
※赤がメール返信定休日

リンクはご自由にどうぞ。
バナーが必要でしたら、こちらをご利用ください。

本社工場の外観画像
株式会社那智黒総本舗
〒649-5172
和歌山県東牟婁郡太地町森浦438
Tel.0735-59-3900
Fax.0735-59-3005

太地町とその付近の観光情報です。
世界遺産に登録された「熊野古道」や有名な観光名所、また紀南の人しか知らないような隠れた観光地・絶景を紹介。
紀南へご旅行の際は、ぜひ太地町へお立ち寄り下さい。

■太地梶取崎
梶取崎(かんどりざき)という地名は、熊野灘を航行する船舶がこの岬を目標にして進路をたて梶を取ることからついたといわれています。白亜の灯台は、明治32年に点灯して以来、今なお活躍している現役の灯台です。また太地は「古式捕鯨発祥の地」として有名ですが、ここ梶取崎や燈明崎は、鯨を発見する「山見」の番小屋・山見台として、重要な場所でした。現在は、燈明崎や平見展望台へ向かう遊歩道もあり、散策スポットとしても人気が高く、絶好のビュースポットとして知られる岬です。
■くじら供養碑
梶取埼灯台前に広がる芝生園地。その入口に「くじら供養碑」が建立されています。先人たちは鯨に挑むことを誇りとし、長い間生計を営んできましたが、その鯨に感謝し、「鯨魂の永く鎮まりますよう」という願いを込めて、立てられたそうです。毎年4月29日、捕鯨に携わってきた人々が主催する「くじら供養祭」が行われます。
■漂流人記念碑
梶取崎から古式捕鯨高塚連絡所跡を経て、燈明崎への上がり口に戻ると「漂流人記念碑」があります。明治11年、この年は近年にない不漁で、このままでは正月も迎えられないという状態でした。荒天の中、夜を徹した激闘の末、子持ちの背美鯨(セミクジラ)を仕留めたものの、強風怒涛に巻き込まれ、老人から10才にも満たない少年までが乗る船は、漂う木の葉のように海中に沈み100余名が遭難。捕鯨の歴史の上で決して忘れることのできない悲劇「大背美流れ」の惨事を今に伝えるものです。
■継子投げ
その昔、継母が幼いあかんぼうを断崖絶壁のこの場所から投げ落としたという伝説が残っていますが、そんな悲しい伝説も忘れるほどの絶景です。眼前に広がる水平線の両端は丸みを帯び、「ああ、地球は本当に丸いんだ」と自分の目を通して感じる一瞬です。そしてここが本州とは思えないほど蒼く鮮やかな海。夜には満天の星を見ることができます。
1/3